« キーエンス タキオン 本日無事出荷! | トップページ | SuperGT MOLA 2009年体制発表 »

2009年2月27日 (金)

日産 2009年 グローバルモータースポーツ体制を発表

日産及びニスモが、2月27日、2009 年度のグローバルモータースポーツの活動概要を発表したのでまとめておきます。(2009年 体制発表コンテンツ

日産は、「ワクワクするドライビング」をお客さまに提供する為に、モータースポーツ活動を事業の重要な一部と位置付け、本年も国内最高峰のチャンピオンシップであるSUPER GT シリーズGT500 クラスをメインに取り組む。また、グラスルーツ活動支援のため、国内外のプライベートチームをサポートする活動を実施していく。

1. SUPER GT

車両

R35 型「NISSAN GT-R」にて、SUPER GTのGT500 クラスに出場する。
参戦チームへの技術支援及び車両開発はニスモが行う。2009 年型「NISSAN GT-R」は、以下の2 点に重点を置いて開発を実施した。
①規則変更による空力性能のリカバリー(オーバーハング短縮によるダウンフォース減少の抑制)
パドルシフト、エアコンの採用によるドライバビリティの向上

Sgt_gtr_2009 Sgt_gtr_2009_no1

チーム体制

日産系チーム:ニスモ、HASEMI MOTOR SPORT、TEAM IMPUL、及びKONDO RACING から各1台、計4台の「NISSAN GT-R」でGT500 クラスに出場。
日産系チーム総監督:柿元邦彦
ニスモチーム監督:鈴木豊
新規起用ドライバー:HASEMI MOTOR SPORT 安田裕信・・・ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)出身26才、2008年SuperGT300 シリーズチャンピオン、2006年SuperGT300 20位

No.エントラント監督ドライバー車両名タイヤメーカー
1 NISMO 鈴木 豊 本山 哲 / ブノワ・トレルイエ MOTUL AUTECH GT-R ブリヂストン
3 HASEMI MOTOR SPORT 長谷見 昌弘 ロニー・クインタレッリ / 安田 裕信 TBA ミシュラン
12 TEAM IMPUL 星野 一義 松田 次生 / セバスチャン・フィリップ IMPUL カルソニックGT-R ブリヂストン
24 KONDO RACING 近藤 真彦 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / 荒 聖治 HIS ADVAN KONDO GT-R ヨコハマ

2. プライベーター支援

1) マーチカップ開催 (※マーチカップは2009年をもって終了)

2) 日本国内のプライベーター支援
① SUPER GT GT300 クラス(フェアレディZでプライベート参戦するチームへの技術支援)
② スーパー耐久シリーズ(フェアレディZでST-1、ST-3 クラスにプライベート参戦するチームへの技術支援)

3) 主な海外の活動
① 中国
日産「ティーダ」で中国サーキット選手権(China Circuit Championship 通称CCC)のツーリングカー1600cc クラスに出場する東風日産乗用車公司への技術支援
② 南アフリカ
南アフリカオフロード選手権に日産「ナバラ」で出場
③ 欧州
FIA-GT1クラスに参加するレーシングチームに販売する車両の性能を確認することを目的に、ニスモが開発車両で4レース(賞典外)に出場。

Fiagt_gtr_2009 パートナーチーム:ギガウエーブモータースポーツ(英国エセックス州に本拠地を置くレースチームでFIA GT選手権には2007年から参戦。親会社のギガウエーブはFIA GT選手権のオフィシャルパートナーとしてオンボードカメラ映像のリアルタイム配信を実施。)

ドライバー:ミハエル・クルム(ニスモ)・ダレン・ターナー(ギガウエーブモータースポーツ)の予定


【R35 NISSAN GT-R (2009年 GT500仕様) 主要諸元表】

全 長 mm 4695
全 幅 mm 2000
ホイールベース mm 2720
トレッド(前) mm 1685
トレッド(後) mm 1675
車両重量 Kg 1100
エンジン型式 VK45DE
排気量 cc 4494
最大出力 ps 500以上
最大トルク Kgm 52以上
クラッチ 5.5"カーボントリプルプレート
トランスミッション型式 トランスアクスルタイプ6速シーケンシャル(パドルシフト)
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ベンチレーテッドディスク
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
駆動方式 2WD(FR)
ホイール(前) 13.0J×18
ホイール(後) 13.0J×17
タイヤ(前) 330/40R18
タイヤ(後) 330/45R17

2009年のSuperGT500への参戦は2008年の5台から4台と1台(ザナヴィ)が減ってしまった。 元MOTULのミハエル・クルムがヨーロッパのFIA GT選手権にGT-R開発車両で4選参戦する。 GT-Rがヨーロッパのスーパーカーの中でどこまで戦える可能性を秘めているのかにも注目だ。

このところ、タミヤのRCボディ発売後すぐに撤退、スポンサー変更などで現役モデルでなくなることが連発している。(インプレッサWRC 2008、雨宮SGC 7、ザナヴィGT-R) タミヤの情報戦略部門のてこ入れが必要なのでは?

|

« キーエンス タキオン 本日無事出荷! | トップページ | SuperGT MOLA 2009年体制発表 »

■SuperGT」カテゴリの記事

■モータースポーツ全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キーエンス タキオン 本日無事出荷! | トップページ | SuperGT MOLA 2009年体制発表 »