« TB-03D (ドリフトスペック)について(2) | トップページ | TB-03D オプションパーツ購入 »

2008年12月15日 (月)

2009年のモータースポーツレギュレーション(F1・WRC・SuperGT)

世界的な経済不況の中、ホンダF1に始まりスズキWRCとメーカーやスポンサーの相次ぐ撤退によりモータースポーツ界はさらなるコスト削減が要求されている。それはモータースポーツの衰退につながり、我々ファンにとって非常に心配なことである。2009年以降のF1・WRC・SuperGTの各レギュレーションについて簡単にまとめてみた。

【F1】

F1_09wing

★FIAが大幅なコスト削減案を発表

FIAは12月12日、大幅なコスト削減を行うことについてF1チームと合意に達し、チーム側の費用の3分の1を削減することを明らかにした。主な変更点は、エンジンとテスト回数、チームスタッフの人数など。また、スタンダードエンジンの導入は、チーム側がパワーユニットのコスト削減やテスト回数の削減に合意したことにより見送られた。

<2009年>

エンジン
・エンジンの寿命は2倍にする。各ドライバーはシーズン中に最大で8機のエンジンを使用し、テストでは4機を使用(合計20機)
・回転数は18,000回転を上限
・11月5日に可決された3レースで1エンジンのルールは有効
・独立チームのエンジンコストは、2008年にかかった費用の約50%とする

タイヤ
・2種類の溝の無いスリックタイヤを必ず使用する (ブリヂストンがシーズンを通じて4種類のタイヤから2種類のコンパウンドを各グランプリに持ち込む)

テスト
・レースウィークエンドに予定されているテストを除き、シーズン中のテストは禁止

空力の研究
・2009年1月1日以降、60%スケールと秒速50m以上の風洞は使用禁止

ファクトリー活動
・地元の法律に従い、ファクトリーを年に6週間閉鎖

その他(レースウィークエンド:人員削減、スポーティング・スペクタクル:メダルシステムの提案

◎2009年に向けたこれらの変更によって、自動車メーカー系チームの予算は2008年に比べて約30%削減、独立系チームの場合はさらに大幅な節約が可能になると推測される。スタンダードエンジン(標準共通エンジン)の見送りでF1の魅力もギリギリ維持できそう・・・

<2010年以降>

パワートレイン
・独立チームの場合、1シーズンあたり500万ユーロ未満でエンジン提供
・このエンジンは2011年と2012年まで継続使用(よって、2011年は新しいエンジンを使用しない)
・実用性の確認に従って、同一のトランスミッションを各チームで使用

シャシー
・シャシーに関する全ての部品リストを用意し、各要素についてパフォーマンスの差別化要因(競争力の要素)の継続を判断し、シーズン前承認制。低コスト部品の使用

レースウィークエンド
・無線とテレメトリーシステムの一本化
・タイヤウォーマーの使用禁止
・タイヤのメカニカルパージの禁止
・給油禁止
・レース距離またはレース時間削減の可能性(市場調査の結果に基づいて提案)

******************************************************************

【WRC】

Wrc_impressa

イベント数:2009年より現在の年間16戦から年間12戦に変更。WRC開催国はローテーション性とする。

理由:「開催されるイベント数が多すぎる」という声に対応。イベント数を減らし、新規参入しやすくする。

<2010年以降>

WRCS2000仕様のマシンをベースに、着脱が可能なアップグレードキットを取り
付けたものとし、電子制御によるデファレンシャルギアなどは使用不可。

アップグレードキット:リアフェンダー、フロントスポイラー、リアウィング等のエアロ装備や、ターボ、インレット、エキゾースト等の吸排気装備、パドルシフトを含む変速装置を含む

  • 総額3万ユーロ以下
  • ベースとなるS2000マシンよりも50馬力程度の出力アップを見込む
  • この規定で製作されたマシンはWRCのみ出場可能

PWRC:これまでどおり、Gr.NラリーカーとS2000ラリーカーによって争われる

若手ドライバー発掘プログラム「ピレリ・スタードライバーズ」:2009年、2010年にはラリーアートイタリーが製作するランサーエボリューション10Gr.Nラリーカーを使用し若手発掘を計る。

◎現在のグループAベースのWRカーはコストが高すぎてメーカーの負担が大きすぎ、その結果参加マニュファクチャラーが増えないとの問題意識があり、現在S2000クラスに参戦しているフィアット、フォルクスワーゲン、トヨタなどがWRカーでの参戦開始することも期待されているようだが、ちょっと無理かな?それよりスズキの撤退に続き富士重工も撤退を検討しているとのこと、WRCの魅力は激減しそうだ・・・ 

******************************************************************

【SuperGT】

Gt_xanavi_gtr

<GT300>

2009年JAF-GT300車両規定は、2008年規定を踏襲し大きく変更しない。

<GT500>

2009年からは、フォーミュラ・ニッポンと基本仕様を共通化した3,400cc、V8エンジンをFR搭載する等、大幅なレギュレーションの変更により安全性の確保と車両制作・開発のコストダウンを図ることを目的にしている。

「2009年JAF-GT500車両規定」に基づいた「09車両」概要は以下のとおり

・基本寸法の統一(本車両の寸法に起因する有利/不利を是正するため)

・駆動方式およびエンジン搭載位置は、FRレイアウト

・エンジンは3,400cc、90度V8、自然吸気(フォーミュラ・ニッポンと基本仕様を共通化したレース専用エンジン)

・ルーフ、Aピラー、Bピラーはベースとなる市販量産車のものを使用し、車両のシルエットはベース車両を連想させるものとする

・ボディサイズは全幅・全高・ホイールベース・前後オーバーハング等を統一する

★GT500参戦メーカーの開発状況

トヨタ:2008年中にレクサスSC430の09規定マシンをシェイクダウンずみで、エンジン・車体ともに「09車両」を開発完了

日産:2008年にGT500クラスで走らせているGT-Rの車体は2009年の規定を先取りしており、車体の空力など一部2009年規定に準拠しきれていない部分を調整することでOK。3,400ccエンジンの開発は進んでいない。

ホンダ:エンジンの開発そのものは完了。既にフォーミュラ・ニッポンの新シャーシであるFN09に搭載されて実走テストを繰り返し実施しているエンジンにリストリクターによる吸気制限などSUPER GT独特のセットアップを施すことでOK。車体の開発はFRレイアウトのNSXを一度走行させただけで進んでいない。

詳細は2009年1月9日から千葉県の幕張メッセで開催される、『TOKYO AUTO SALON 2009 with NAPAC』にて正式発表の予定だが、最悪の場合は、GT-Rの車体とホンダのエンジンを組み合わせたレーシングカーを制作し、両陣営のエントラント向けに供給するする可能性もある。ホンダのエンジンを積んだGTRなんか見たくないぞ!!

ちなみにNSXの開発を行なってきた童夢は、その役目を終え別のル・マンプロジェクトを推進していく。一方、トヨタは今年はル・マン参戦を見合わせるようだ。

2009スポーティング・レギュレーション(GTA/Super GT) (2008年12月24日追記)

2009 年スーパーGT レース 大会2 デイ開催について (2009年1月26日追記)

2009 SUPER GT スポーティングレギュレーション 抜粋 (2009年3月7日追記)

******************************************************************

いったい、モータースポーツはこれからどうなってしまうのか?

|

« TB-03D (ドリフトスペック)について(2) | トップページ | TB-03D オプションパーツ購入 »

■F1」カテゴリの記事

■SuperGT」カテゴリの記事

■WRC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TB-03D (ドリフトスペック)について(2) | トップページ | TB-03D オプションパーツ購入 »